このエントリーをはてなブックマークに追加

emacsでの文字化け対策の一つです。

あまり変なファイルを開かなければ、emacsで文字コードはそれなりに正しく判別してくれますが、 たまに文字コード識別に失敗する場合があります。 そのようなときに毎回文字コードを指定して読み直すのは面倒ですし、トラブルのもとです。 こういうときに、ファイル中に文字コードを指定するための文字列を埋め込むことができます。

"-*-"(ハイフンとアスタリスクとハイフン)という文字列で囲んで、文字コードを指定することができます。 (emacsのマニュアルであればspecify codingの章に記載があります。)

以下のような文字列をファイルの先頭に記載しておくことで、 文字化けを防ぐことが出来ます。

-*- coding: utf-8 -*-

一般的には、プログラムなどで悪影響のないように、以下のようにコメントアウトして記載します。

C言語などの場合にはこのように記載します。

/* -*- coding: utf-8 -*- */

rubyなどのファイルならこのように記載します。

# -*- coding: utf-8 -*- 

htmlであれば以下のようにコメントアウトした記載を追加します。

<!-- -*- coding:utf-8 -*- -->

ちなみにこの-*-の記法では、モードも指定できるようです。

以下のようにモードを指定するとhtmlファイルとして読み込みます。

<!-- -*-mode: html; coding:utf-8-*- -->

以下の場合C言語のファイルとして読み込みます。

/* -*- mode: C; coding:utf-8 -*- */

以上、文字化けを防ぐ方法でした。



コメント投稿
最大255
最大1000
最大255
Email never displayed on this site. 最大255
Site is displayed. 最大255

記事一覧へ